予防治療

予防治療(3DS:DentalDrugDeliverySystem)

歯科青木では3DSという最近取り入れられた治療方法を導入しております。う蝕(虫歯)や歯周病(歯槽膿漏)のリスクである細菌を今までは手つかずであった領域に踏み込んだ治療方法です。

3DS:DentalDrugDeliverySystem とは。

この3DSとは、最近取り入れられた治療方法です。 う蝕(虫歯)や歯周病(歯槽膿漏)のリスクである細菌を、今までは、手つかずであった領域に踏み込んだ治療方法だと言えます。 ドラッグ・リテーナと言われる(マウスピース)を用い、薬を歯の表面に一定期間作用させます。 また、虫歯、歯槽膿漏などの予防以外にかぶせた物や、つめた物の維持管理、虫歯の進行抑制、矯正治療の術前処置等、多様な目的に応えられるバイオフイルムコントロール技術ですので、今後ますますの発展が期待出来ます。

3DSを行う際に必要な3つの器材

バイオフィルム除去器材バイオフィルム除去器材

何を用いるか、どのような方法で・・・。とくに決まりはありません。

バイオフィルム除去器材ドラッグ・リテーナー

カラフルなトレーで・・・・。楽しく除菌できます。

バイオフィルム除去器材薬剤

薬剤にはいろいろな種類があり、一つにこだわる必要はありません。

3DSはまず歯の表面に有る細菌が多く含まれて居る膜(バイオフイルム)を物理的に破壊(P,M,T,C)し、ドラッグ・リテーナーによって最適濃度薬剤を歯の表面に局所作用させる事で、細菌の再付着を抑制する化学療法です。
また、最近のお子様は、あまり硬い食べ物を好まず、ハンバーグ、ラーメン、インスタント食品等、柔らかい食べ物をよく好んで食べる為、アゴの骨の成長が悪くなり、歯の生える場所がなくなり、歯並びの悪いお子様が多くなりました。
硬いものを、よく噛むということで、アゴの骨は成長します。たとえば、スキーで骨折してギブス固定し、数ヶ月後、除去すると、細くなっていたりします。
柔らかい食べ物ばかり食べて、アゴをよく動かさない子供は、ずーっと、ギブス固定している状態といっても過言ではないのです。全ての骨は、動かさなければ成長は、悪くなるのです。

う蝕(虫歯)に関与するミュータンスレンサ球菌(MS菌)は歯面にしか定着できず、その他の口の中に居る多くの菌は歯面にも粘膜(はぐき)にも定着が可能であるという性質を利用しての3DS治療です。

このページの上部へジャンプします。
ドラッグ・リテーナーによる高濃度薬剤の集中局所輸送 図

バイオフィルムに薬が浸透する作用時間は長い。薬剤が唾液中に拡散し、有効濃度が低下してしまう時間は短い。この時間差を埋めるのがドラッグ・リテーナーです。

3DSによるMS菌除菌の細菌学的機序 図

古いバイオフィルム中の細菌は、代謝活性が低下している。従って薬剤感受性も低く抵抗性がある。外部から孤立した生態系を形成しているため、物理的に破壊しない限り菌叢に変化は起こらない。古いバイオフィルムが破壊され、細菌量は減少するが、菌種間の構成比率は変化していない。このまま放置すればもとのバイオフィルムが再生する。フレッシュな細菌が増力し始め、マイクロコロニーが再形成され始める。歯の表面に残存する細菌はバイオフィルムを形成する前に、3DSにより科学的に除菌される。歯面にも粘膜にも定着できる常在菌が粘膜から供給されてくる。ミュータンスレンサ球菌以外の菌叢が形成されると、MS菌の最定着は困難となる。

3DS治療をする前には、必ず診査が必要です。

それはMS菌の検査値が高い事が条件です。 当医院では細菌検査機器(ミシガン大学医学部細菌学、免疫学名誉教授、Dr,Walter Loescheの開発)を使用しております。 なをその他の細菌検査には臨床検査ラボと提携しております。

歯科検査報告書歯周疾患検査報告書

歯周疾患(歯槽膿漏)、虫歯が感染症である。

このように歯周疾患(歯槽膿漏)、虫歯が感染症であることがわかってきた今日では、診断治療に、目にみえない細菌の情報を得るための有効な手段と考えます。 またこれからの歯科治療は予防だけに止まらず、より優れた治療方法が開発されるでしょう。 その進歩に乗り遅れず日々研鑽に努めるのが、医療に携わっている者の責務だと思っています。

お問い合わせ・ご相談窓口はこちらをクリック
このページの上部へジャンプします。
診療内容
歯科青木の取り組み
院長の取り組み
歯科衛生士募集!元気で明るいスタッフを求めています。詳細はこちら!
スマートフォン用サイトはこちら