家庭でできる予防法

家庭でできる予防法

小児歯科では、親子分離ではなく、保護者のみなさまにも同室して頂き、一緒に治療の経過を見ていただきます。

毎日のブラッシングを、特に夜は念入りに磨くことをおすすめします。また、 フロス・歯間ブラシ・ワンタフトブラシ・コンクールなどの補助的清掃用具を上手に使いましょう。

歯石予防、虫歯予防は、日頃のケアと同時に、定期的に検診を行って、歯の健康状態を自身で把握しておくことです。

家庭でできる予防法

歯石予防法

歯石を予防することは、将来の歯槽膿漏予防にもつながります。

・毎日のブラッシング(特に夜は念入りに)
・補助的清掃用具(フロス、歯間ブラシ、ワンタフトブラシ、コンクール)を使いこなす。
・タバコは吸わない。禁煙が1番!
・定期的に検診に行ってチェックを忘れないように。
・内科的疾患(糖尿病、高血圧)の状態を知ることも大事なことです。

虫歯予防法

・ブラッシング
・だらだら食い(口の中のPhが下がりっぱなしになります)
・飴やガムなど粘着性の強いものは食べ過ぎない。
・定期健診 ・お子様はシーラントをお勧めしています。

※ スタッフに聞いていただければ詳しく説明させていただきます。

お問い合わせ・ご相談窓口はこちらをクリック
このページの上部へジャンプします。
診療内容
歯科青木の取り組み
院長の取り組み
歯科衛生士募集!元気で明るいスタッフを求めています。詳細はこちら!
スマートフォン用サイトはこちら